生活習慣と育毛

総合評価1位・コストパフォーマンス1位Growth Project.ボストン




生活習慣と育毛

 

薄毛や脱毛症に対する育毛対策として、必要な栄養素をサプリなどでとる事や育毛剤を使うことは有効ですが、生活習慣を変えることも重要なポイントとなります。
きちんと押さえておけば、育毛対策の効果を最大化することができるでしょう。

 

睡眠

 

睡眠不足は万病の元です。
睡眠不足は健康を阻害するだけでなく、頭皮や毛髪にも悪影響を与えます。

 

睡眠中には、成長ホルモンを中心とした頭皮や髪の毛によいホルモンが分泌されますので、しっかりと睡眠をとりましょう。

 

成長ホルモン

 

睡眠後、30分くらいで出始めて1時間後にピークをむかえるそうです。
成長ホルモンは細胞に栄養をあたえて、頭皮や髪の毛のダメージを修復します。

 

早寝早起きは3文の得!?

 

髪の毛が成長するゴールデンタイムは21時〜3時くらいと言われています。
睡眠時間は多ければよいというものでもありませんが、6〜8時間程度はとるようにしてください。
仕事などの関係でそんなに早く寝れないという方も多いと思いますが、頭皮の事を考えるのであれば少なくとも24時前には寝る習慣をつけましょう。

 

 

ストレス

 

ストレスが頭皮や毛髪に良くないことは有名なので、ご存知の方も多いと思いますが、ストレスは直接薄毛の原因になります。
ストレス社会の中で、ストレスをまったく感じないというのは不可能ですが、適度な運動やしっかりと睡眠をとることで、ストレスを軽減することは可能です。

 

食生活

 

頭皮や髪の毛に良い栄養素や食品はこちら↑に記載しておりますが、三食しっかりと食べることも重要なポイントになります。
実は人体は栄養素が足りないと、生存に影響の少ない箇所から栄養を送らなくなるのですが、頭皮や髪の毛は最初の方で影響がでる箇所となります。

 

また、空腹で寝ることや、食べてすぐ寝ることも頭皮や髪の毛に良くないので、気をつけましょう。

 

運動

 

一見運動と育毛は関係ないようですが、運動と育毛には重要な関係があります。
運動によって血液循環が改善しますので、結果として毛根に必要な栄養素をしっかりと頭皮に届けることができるのです。

 

運動とは言っても激しい運動をする必要はありません。
有酸素運動が良いといわれておりますので、15分から30分程度のウォーキングでも十分です。

 

早寝早起きして30分ウォーキング(もしくはランニング)というと「大変だな・・・」と思ってしまう方も多いかと思います。
15分〜30分の運動というのも連続でなくともよいので、日々の生活の中で十分出来る内容もあります。

 

例えば・・・

 

・通勤の際に出来るだけ階段を使う。
・一駅余分に歩く。
・多く歩く必要がある車両に乗ってみる。
・昼食の際に会社から離れた食堂にいってみる。

 

etc

 

育毛サプリランキング

 

 

 


 
AGAってなに? 予防対策 厳選育毛サプリはこれだ!