お風呂と育毛

総合評価1位・コストパフォーマンス1位Growth Project.ボストン




お風呂と育毛

 

食生活や育毛サプリ、育毛剤などを意識しているかたは多いと思いますが、お風呂の入り方までは意識していないのではないでしょうか。

 

頭皮の血行を促進する際に、湯船につかることは非常に有効です。

 

栄養素をしっかりと頭皮に届けるためにも、全身を温めることが重要となります。

 

特に夏の時期はシャワーだけで済ませてしまいがちですが、育毛を考えるのであれば、出来る限り毎日湯船につかりましょう。

 

半身浴でよいので、ぬるめのお湯に30分以上湯船に浸かるようにしましょう。
ぬるめのお湯に長時間浸かることで、リラックスでき副交感神経が活発になり毛細血管が拡張されるのです。逆に熱いお湯につかると、興奮状態になり交感神経が活発になり、毛細血管が収縮されますので、逆効果です。
頭皮マッサージをしながらしっかりと温まることができれば、血行がよくなり育毛サプリや育毛剤の効果も最大限発揮できます。

 

ポイント

体を温めて血行促進
ぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経を活発化
熱いお湯には入らない
湯船に浸かる時間は時間は30分以上

 

 

 

朝シャン

 

朝シャンをする人には意外と薄毛の方が多いのはご存知でしょうか。
それはなぜなのか。ちゃんとした理由があります。

 

・頭皮の保護膜

 

 頭皮には保護膜がありますが、この保護膜が紫外線や刺激から頭皮や毛髪を守ってくれているのです。 洗髪によって洗い流されてしまうのですが、6時間程度で回復するといわれています。
 朝シャンプーをしてしまうと、保護膜の回復がされないまま刺激の多い外に出てしまうことになります。

 

・すすぎ不足

 

 個人にもよるかと思いますが、朝のシャンプーは総じて時間がないものです。時間がないので、シャンプーやトリートメントが残ったままになりがちです。
 すすぎが足りないと、頭皮や毛髪にダメージを与える以外にも、雑菌の原因となり結果として薄毛の原因となります。

 

睡眠中の育毛ゴールデンタイムに毛穴が汚い

 

 別途生活習慣の睡眠に関して載せていますが、頭皮が汚い状態で寝てしまうというのは育毛にとって最悪な事です。きれいな状態で育毛ゴールデンタイムをむかえましょう。

 

ドライヤー

 

ドライヤーは毛髪に良くないとよく言われますが、実際にはどうでしょう。

 

実はドライヤーにはメリットとデメリットがありますので、理解したうえで毛髪を乾かしましょう。

 

メリット

 

早く乾く為、頭皮にダメージが少ない。
また、雑菌も繁殖にしくい。

 

デメリット

 

毛髪の水分がとられてしまう。

 

自然乾燥では、雑菌が繁殖しやすく毛髪にキズもつきやすいので、冷風などでやさしく早く乾かすことが出来ればよいでしょう。

 

育毛サプリランキング


 
AGAってなに? 予防対策 厳選育毛サプリはこれだ!